心理カウンセラーの仕事の内容と資格の取得について

心理カウンセラーとは、いろいろな悩みを持っている人の話を聞き支援する人を言います。

心理カウンセラーの資格は、精神科医などの医師の資格ではありませんので、医療行為を行うことはできません。

あくまでも、精神科医などの医師と異なり、気軽に相談できるということで、相談者の悩みをじっくり聞いて、その人に合った一番良い方法を見つけることが仕事の内容となります。

誰でも、心理カウンセラーになることができるわけではありません。

相談者の話しに親身になって聞けることができる人で、相談者が話しやすい人という雰囲気や態度を持っている人が合っています。

この仕事は、聞き手が結論を出すのではなく、あくまでも相談者の話を聞き相談に乗ることであって、悩みの解決方法としては、相談者自身が出すことになるということが大切なことです。

聞き手が、こうしなさい、こうしたほうがよい、といった結論を出すのではありません。

そのためには、心理カウンセラーは、相談者の話を聞いて共感する必要はありますが、共感し過ぎると相談者への助言を誤ることになりますので、少し距離を置いて冷静な対応が必要となります。

心理カウンセラーになるためには、資格が必要となります。

心理カウンセラーと言っても、いろいろな種類があります。

産業カウンセラー、臨床心理士、スクールカウンセラー、心理相談員、認定心理カウンセラー、臨床発達心理士、認定心理士、学校心理士、ひきこもり支援相談士、などがあります。

それぞれ、名称が異なるのは、資格を認定しています民間団体がそれぞれ異なることと、働く職場やカウンセリングの対象者により異なるからです。

資格を取得するためには、講義を受講するのですが、資格によっては、受験資格付きのものもあり、例えば、認定心理カウンセラーでは、18歳以上大学で理学部あるいは理学部に類する学科を卒業している人が対象というものもあります。

カウンセラーになるための学べる学校もいろいろあります。

大学の専門の学科に進学する、専門学校に進学する、通信講座で学べる講座を受講する、などの方法があります。

複雑な現代社会を乗り切るために、いろいろな悩み事をかかえる人の支援をする仕事につきたいと考えている人には、こちらの通信講座がお勧めです。

また、心理カウンセラーの知識をスクールでも学べます。